スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.03.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

文具を愛する人の集うカフェ

こんにちは、TPOJカスタマーサポートの佐藤です。


11月の声を聞くといよいよ紅葉のシーズンだなという気がいたします。

北の地方ではすでに美しく色づいているところもありますが、

紅葉の名所・日光では今週あたり見頃を迎えるようですね。

 

この3連休、先生もどちらかへと紅葉を見に出掛けられたのでしょうか…?

 

⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒

おととい、113日は“文化の日”でしたね。

でもこの日は「文具と文化は歴史的に同じ意味」ということから、

“文具の日”という記念日でもあるそうです。

そこで今週は、文具にちなんだ話題をお届けしたいと思います!

 

東京でも屈指のおしゃれな街・表参道にある一風変わったスポット。

文房具屋さん? それともカフェ? いえいえ、そこは

『文房具カフェ』なのです!!


◆◇◆◇ こだわりの文房具に囲まれて… ◆◇◆◇

 

賑やかな表参道のメインストリートから少し奥へ入ったところにある、

その名も『文房具カフェ』。

そこは文房具をこよなく愛する人たちの集う場所。

 

“文房具を使った新しいビジネス”を考えた際に、

カフェで手帳を広げ打合せをするビジネスシーンが浮かんだことから

思い立ったというこのお店、発想の軸が「文房具」にあるだけに、

単に文房具も売っているカフェという枠には留まらないものがあります。


『文房具カフェ』では、店内で売られている文具の一部が

自由に使えるようになっており、カフェの利用客はお茶を飲んだり

食事をったりしながら、手紙やカードなどを書くことができるようになっています。

 

またオフィシャル会員になると、

テーブルについている施錠付きの引出しの鍵が渡され、

その引出しの中の様々な文具もこれまた思う存分使うことができるのだとか。

ただでさえ他ではあまり見かけないハイセンスな品揃えが目を惹く

『文房具カフェ』で、その文具類を好きなだけ試すことができるとは

なかなか心憎い企画ですね。

 

↑これ、お豆腐じゃありません・・・。メモ帳です!


さらにオフィシャル会員にはもう一つ楽しみがあり、

不定期に開催される“交流会”という会員限定のイベントに参加することもできます。

文房具好きの面々が集まりそうなイベントだけにコア?な会が予想されますが、

好きな人にはたまらない集まりなのでしょうね。

 

こだわりを持って選び抜かれた文房具と、文房具マニアをもうならせる

小技の効いた演出が魅力の『文房具カフェ』。

マニアでなくても思わずはまってしまう空間といえそうです!


 ↑マスキングテープも種類豊富ですね。


『文房具カフェ』公式ホームページ→ http://www.bun-cafe.com/





月に思いを馳せる日本人

こんにちは!

9
月も半ばを過ぎ、日が落ちるのが早くなりましたね。

 

この三連休、TPOJのある北区西ヶ原界隈では秋祭りが催されます。

それに伴い、今、歩道には提燈が飾られ、夕方になると明かりが灯されています。

 

提燈の灯りが、薄闇の夕暮れにぼんやりと浮かぶ。その風景はどこか幻想的で、

静かな秋の訪れを感じます…。

 

⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨

先週木曜日の“中秋の名月”は折よく満月に当たり、

また穏やかな秋晴れにも恵まれ、なかなかのお月見を楽しむことができました。

先生はご覧になりましたか?

 

でもよくよく考えてみると、日本人というのは本当に月を見るのが

好きな民族ですよね。

中秋の名月は言わずもがな、霞がかった春の月を朧月と呼んだり、

雨で月が見えないことすら雨月と言ったり、

そうしたことからも、月に対する思いの強さが伺えます。

 

お月様をこよなく愛する日本人。月を愛でるためのビューポイントを求めて、

こんな素晴らしい建築物までも作っていたのですね…。

 

◆◇◆◇月を観るために造られた『桂離宮』◆◇◆◇

 

京都・桂川の畔に建つ『桂離宮』と言えば、かつてドイツの建築家

ブルーノ・タウトが“泣きたくなるほどに美しい”と称賛し、

日本の美のシンボルとして知られることとなった日本建築ですね。

 

その『桂離宮』、そもそもは八条宮智仁親王が月見のために建てた別荘で、

随所に月へのこだわりが見られる造りになっています。


中でも観月のための最たる場所は、古書院の月見台でしょう。

庭の池に張り出す形で設けられた月見台は、一説によると創建された

1615年の中秋の名月が姿を現す、東南29度の方向を向いていると言われています。

またそれに加えて、月見台から見える池はかなりの面積がとられ、

水面に映る月をも楽しむことができるようになっています。

空に輝く月と水面に浮かぶ月影。どちらも時と場所を同じくして観賞できるとは、

じつに奥深い演出ですね。

 


さらには、池の周りに建てられたいくつかの書院や茶屋は、

月の動きに合わせて移動しながら観られるよう配置されているのだとか。

その行き届いた工夫と配慮には感動すら覚えます。

 


ただただ月を観るために造られた『桂離宮』。

現在は宮内庁の管轄で、一拝観者が実際に月見台に立って

月を愛でることは叶いませんが、そこから見上げる月の姿は、

きっと想像を超える美しさなのでしょうね…。


 


資料・写真参考→

http://www5f.biglobe.ne.jp/~dayfornight/minamo/03kaku/03kaku.html




PR
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ツイッター
   
Facebook
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座